インプラント治療は矯正歯科へ~キレイな歯で笑おう~

歯科

治療が出来ない人

医療器具

インプラント、まるで無敵の治療のように感じますよね?実はそうでもありません。中にはこのインプラント治療が出来ない人だっているのです!まず、インプラント治療はしっかりとした手術になりますから貴方の持病の種類によっては手術が不可能な場合があります。そのため、自分がインプラント治療をできるかどうかは、事前に歯科医院にいって確認をすると良いでしょう。そして次にインプラントによって出来た歯は顎の骨としっかり固定しなくてはいけない為に顎が元々から小さな人はこの治療が不可能な場合があります。これもレントゲン等を歯医者や矯正歯科でうつせばすぐにわかりますから、気になる人は1度調べてみると良いでしょう。そしてこれが1番ダメ、インプラントにとって最大の敵…そう歯茎です!歯茎が健康でなければインプラント治療は不可能、なぜならば軸を支えているのは顎の骨…ですよね?しかし、そこから生えている歯を守ってくれる、バランスを整えて上で支えてくれるのは歯茎です!ですから歯茎が腐っていたり、弱っていたりすればせっかく生やした歯を上で支えてくれる人がおらず、中でボルトが欠けたり折れたりしてしまう事があるのです。安全性を考慮すると言う事でも歯茎が弱っている人はこの治療は不可、将来はインプラントすれば良いからと言って歯科治療を適当にしていませんか?そのような事をしていれば歯茎までダメになってそのまま治療不可入れ歯一直線になってしまうかもしれませんよ!